1. TOP
  2. 挨拶
  3. 【新入社員社長メッセージ】新入社員には“花になる人材”を目指してほしい。

【新入社員社長メッセージ】新入社員には“花になる人材”を目指してほしい。

皆さま、こんにちは。
Suprieve代表取締役兼CEOの森 武司です。

この度は、入社おめでとうございます。
皆さまと一緒に働けることを非常に嬉しく思います。

新入社員に期待すること

新入社員の皆さまには、「花になる人材を目指してほしい」です。

汚いモノには汚いモノが寄ってくる。
逆に綺麗なモノには綺麗なモノが寄ってくる。

「花になる社員」を目指すと、Suprieveグループの中でも評価を受けますし、仮の話ですけど、「転職したい」「キャリアアップをしたい」という時、他社でも「素敵な人だな」と認識されます。

社会人として、花のような社員を目指すことが、社会において絶対条件です。

では、その「花のような人材」になるにはどうすればいいのか。

それはこの3つしかないです。

「①実力」×「②やる気」もう1つは「③人間性」
実力とやる気は「0~10の評価」人間性は「−10~10の評価」

これはSuprieveグループではなく、日本中、世界中の企業が「こういう人材を求めている」と言葉を変え、表現を変え、伝えております。

10の実力があって×10のやる気があると=100の評価を受けます。

もしも、「あの人実力は10あるのに、やる気は1しかない。仕事はしないし、出勤もしない。依頼した仕事も遅い」

このような人は評価を受けないですよね?でもこのような方って以外にいるんですよ。

「実力は高いが、やる気はない。」

このような場合もあります。
「実力10、やる気も10なのに、評価が低い人」そういう方は人間性が低いのです。

人間性というのが、出世や昇給においてすごく評価されます。

「どうして自分は、実力もあって、やる気もあって、会社にこんなに貢献しているのに、評価されないの?」と言う人はそこですよね。

ずっと会社の悪口言っていませんか?
ずっと仲間の悪口言っていませんか?
ずっと取引先の悪口言っていませんか?
ずっと社会に対して悪口言っていませんか?

そういう人は基本的にどこの会社でも評価されないです。

もう1度お伝えすると、実力とやる気は「0~10」の10点評価。人間性は「−10~10」の20点評価です。マイナス点がある人は会社にとって脅威なんです。

満点の評価は1000点ですが、そんな社員はなかなか出てこないです。そのため、どこを目指すかというと、「実力は7、8を維持」「やる気も7、8を維持」「人間性は10」を目指すことがゴールかなと思います。

口癖で、会社の悪口、仲間の悪口、取引先の悪口、社会の悪口を言っている人は、絶対止めた方がいいです。

イメージしてみて下さい。

自分が上司だとして、ずっと悪口を言っている人と働きたいですか?

働きたいと思わないですよね。

転職活動中の選考でも、前職の悪口を言っているような人は雇わないです。

理由はただ1つ。

この会社に入っても同じことを繰り返すだろうとなと思うからです。

悪口を言っていて、人生が輝くことはないです。

そのため、花を目指すことは、素晴らしい人間性と高い実力とやる気を満たすこと。この3つだけなんです。

役員になっている人は概ねこの条件を満たしています。
人間性がマイナスの人は役員になることはまずないです。

「人間性が最低でも5、6程度」で、「実力が8、9」「やる気は当然10」そういう人が役員になっていくので、この3つのバランスが高い人が出世も昇給も社会の評価も上がります。

そういう人しか世の中では通用しないです。
世の中の偉人をみたら、ほとんどがこの条件を満たしています。たまに例外もありますが。

この3つを信じて実行していただければ間違いないと思います。

最後の言葉になりますが、この上ない最高の会社を皆さまと創っていきたいです。皆さま一緒に頑張りましょう!

\ SNSでシェアしよう! /

スプリーブブログの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スプリーブブログの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

森 武司

森 武司

この人が書いた記事  記事一覧

  • 【新入社員社長メッセージ】新入社員には“花になる人材”を目指してほしい。

関連記事

  • 【社長年始インタビュー】コロナ禍で最大の危機も過去最高業績を達成!