Vision経営理念

『この上ない最高の会社を創る』〜We make the best company〜

これが私たちの理念です。
Iではなく、Weにしているのは、私ではなく、私たちという意味です。
従業員各々、自分が最高になるのではなく、仲間と最高になる、スプリーブという組織で最高をめざします。

この上ない最高という言葉は、[この上ない]という言葉と[最高]が意味合いとして重複しているように感じます。
英語で言う、[best of best]、[前人未到]、[だれも到達したことのない] 「現実的にはないだろうがこんな会社があるといいな。」というような会社をめざすという意味です。
私たちにとっては、[世界一の会社を超える会社]というのは理想ではありません。
[過去現在含めて人類が誕生して以来、すべての業界のすべての企業を越える会社]が理想です。
1代2代で無理でも、3代、4代、5代… いつか必ず越えると信じてこういった理念にさせていただきました。

次にスプリーブで言う最高の定義をお伝えさせていただきます。
それは、 世界、顧客、従業員にこの上ない最高を提供する会社 であると考えます。

  • 『世界』
    まず、世界に関してご説明をさせていただきます。
    日本や世界の課題を解決したいと考えております。
    具体的には、[少子化]、[女性活躍]、[食料問題の解決]、[温暖化]などなど、
    あらゆる問題に対し、会社として解決をめざします。
    社会貢献活動のリーディングカンパニーとなり、だれもが憧れる、
    尊敬される会社になりたいです。

    自分の生まれた家庭や家族を大切に想うように
    この世界に生まれた限りは、
    「社会の悩みを解決したい。」
    「社会に貢献したい。」
    「身の周りの友人から、果ては世界中の人に恩返ししたい。」
    そのように考えております。
  • 『顧客』
    顧客に対して、よりよいサービスや商品の開発と、提供方法の模索を半永久的に繰り返す会社にしたいです。
    顧客がより豊かになるための企業努力を惜しまないと言う意味です。
    顧客に対し、よいサービスや商品を提供することで、顧客の価値が上がり、果ては顧客の顧客にも喜ばれます。
    なので、「この上ない最高のサービスや商品を作っていきたい。」
    そう考えております。
    [この上ない最高]と言う考え方において、[ここまでいったら満足]
    と言う考え方は存在しません。
    毎年、毎日、毎秒毎にバージョンアップを半永久的に繰り返す。
    一分一秒無駄にせず成長し、それでもなお飽き足らず、「もっとお客さまが悩んでいることはないか。」「もっとお客さまに貢献できないか。」
    お客さまの悩みを自分の悩みと考えることのできる会社をめざします。
  • 『従業員』
    世界を救ったらそれでいいのかというと、そうではないと思います。
    こちらも、親が当たり前のように子の幸せを願うように、従業員の幸せを願っています。
    「従業員には不自由ない暮らしをさせてあげたい。」
    「がんばっている人が報われない会社にはしたくない。」
    がんばった結果をしっかり社員に還元できる矛盾のない組織構造をめざしております。
    社員には「この企業に入ってよかった。」と思ってほしいです。
    社員が幸せになるためには、社員の幸せにつながる事業を選択する必要があります。
    なので、私たちは[社員の幸せにつながるかどうか]を、運営する事業選択の指針とします。
    また、評価基準の透明化も進めております。
    [結果]に対する平等な[機会]の提供ができるよう努めます。
    チャンスは全員に平等にあるべきだと考えます。
    アルバイトや派遣社員からでも正社員になれる、本社勤務になれる、部長になれる、役員になれる、社長になれる。
    そんな会社を創りたいです。

    そのためにも成長を止めるつもりはありません。
    [機会]の提供ができるよう、より大きな会社にしていきます。
    社員のために、収益性があり、かつ社員が誇りを持てる事業運営を行います。
    収益性がなかったり、社員が誇りを持てない事業は減らしていきます。
    なので、5年後10年後はまったく違う会社になっているでしょう。

    10年20年100年200年と永続性と拡大性を保つ、大きい会社を私たちはめざします。